銀行系キャッシングと銀行キャッシング

銀行系キャッシングと銀行キャッシング

キャッシングを良く調べてみると、銀行系と銀行の2種類がある事が分かります。一見名前が似ているため同じなように思いますが、実は多少違っているため間違わないようにしてみましょう。
銀行系とは消費者金融と銀行が提携しているものです。大手消費者金融では○○銀行グループと書かれている事がありますね。これが銀行系キャッシングのことで、他社との合併や吸収によって業務形態が多少変わってきているのです。消費者金融は以前はイメージが悪かったのですが、銀行系となれば印象アップに役立ちますし、銀行も消費者金融の顧客を取り込むことが出来てどちらにもメリットがあるようです。ただし、提携があるのみで貸している所は消費者金融となるため間違わないようにしましょう。スピーディさや借り易さがメリットとなりますが、総量規制が関係してきて専業主婦の方は借りにくさがあります。
次に銀行キャッシングですが、これは純粋に銀行が提供しているキャッシングです。こちらは総量規制が関係せず、主婦の方でも借りられる可能性はありますが、多少審査には時間がかかってしまいます。また、金利が低いなどもメリットはありますが、消費者金融よりは多少審査は厳しく借りられない人も出てきます。